2007年08月17日

Dungeons & Dragons 4th

 今日はコミケ1日目ですね。

 サブカルが新聞に取り上げられ、昨日もWBSに出ていましたが、ああなっちゃうともうダメですよね。サブカルチャーはあくまでも、カウンターカルチャーとして権威に対抗すべきなのに、既にコミケは権威になっちゃった。
 腐女子だの、ヲタだのがビジネスシーンの中心に出てきて、もの凄くつまらなくなってしまったと感じているのは、私だけじゃないと思う。



 閑話休題。

 まだ速報レベルですが。
 mixiの腐爺さんの日記に、Dungeons & Dragons 4thの話題が出ていて、今のところwww.wizards.comは落ちてる様子。
 アクセス過多なんだろうなー。

 WizardsのPage
 http://www.wizards.com/default.asp?x=dnd/playdnd

 と思ったら、nacky7さんのblog(Tales of the Dragon’s Tail)にも上がっていた。

 Tales of the Dragon’s Tail
 http://d.hatena.ne.jp/nacky7/20070816

 4thの日本語展開がどうなるかは不明だけど、そこまで遊んでいくかどうかは不明。
 この徒労感は、一体どうしたんだろう。

 たぶん、3.5eの日本語展開はもう少し続くと思うし、11月までの予定はそのままだとは思うけど、来年春には4thが英語で発売されて、今まで通りの日本語サポートが有るかどうかは、みんな一度考えた方が良いんじゃないかと思う。
 というのも、3.5eの基本ルールがそれなりに売れただろうことは、想像できるのだけど、他のサプリメントの類が、一体どれだけ売れているのだろう? という疑問があるからだ。
 企業は利潤を追求するものだから、売れないTRPGにお金を掛けるとは思えない。3.5eのこれからの売り上げ数字というのは、4th日本語版が出るか出ないかの試金石だと思って行動した方が良いのではないだろうか。

 もう一つは、d20がどうなるか? という部分に注目していっても良いかもしれない。
 日本では、残念ながら現時点でd20ライセンスが根付いているとは言い難いと思う。もっと自由な活動が、d20で保証されているのに、コア部分が日本語で提供されなかったが故に、d20はサプリメント名の冠詞になってしまっているのが現状ではないだろうか。
 コミケでd20のライセンス取得の同人誌が有ったら、是非購入してきて欲しい(先着1名まではお金払うから)。
 私自身もd20のサプリメントで、各方面にオトナの事情で怒られない程度の物を画策してきたけど、このままの状況ではオープンにできないまま、終わりそうだなーと思っている。

 4thが、日本の今のDnD界やTRPG界にどういう影響を与えるのか、しばらくヲチしてみたいなぁと思っている。


posted by あずまっち at 13:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[diary][game]D&D 4thの噂
Excerpt: あずまっちの昨日の記事でちらっと読んだだけだけど。 3rdが出てすぐくらいに、Amazon.comで友人の分もあわせて3セット購入した*1のを思い出した。船便で届くってのと、送料をいかに節約するかを..
Weblog: Gururiの日記
Tracked: 2007-08-18 21:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。