2007年08月10日

太田光は無知なのか馬鹿なのか

 レセプトが終わり、精神的にヘトヘトになって帰宅。
 いつもの習慣通り、家に帰ったらまずテレビを点けるのだけど、点けたら変な番組をやっていてびっくりした。
 番組名は、『太田光の私が総理大臣になったら』
 http://www.ntv.co.jp/souri/program/index.html

 いや、バラエティ番組だって分かってます。
 テレビの世界なんぞ、視聴率を稼ぐためなら倫理とか法律とかを無視するってこともね。
 でも、あんまりなんじゃない?


 2007年8月10日放送分の内容は、「アメリカに原爆被害の賠償金を請求します」というもの。

 ……もういっぺん、日本史の勉強をし直して来い。

 と一言で片付けても良いんだけど、テレビという虚構の世界ではそうではないようで。
 また、反論の陣営が愚か者ばっかりなんだよ。
 「無条件降伏」
 「ポツダム宣言受諾」
 「サンフランシスコ講和条約」
 「国家間で結ばれた条約」
 くらいは勉強してから発言してくれ。だから、ノリで政治を語る一芸人に、良いようにあしらわれるんだよ。

 いや、私自身はこの太田何某に会ったことも無いし、話をしたことも、本心を知る術も無いのだけれど、小学生が学校の先生や親に「ねぇねぇ、これってなあに? 」と聞いているんじゃないんだから、ちゃんと調べて、それで発言するようにして欲しいわけだ。
 彼はこの番組の最初で、久間発言を取り上げていたけど、じゃぁ発言の全てに目を通したのか? というと、どうやらそうではないように思った(実際、確かめる方法が無いので、私は自分の主観としてそう感じた)。
 じゃぁ、戦後賠償というのはどういうものなのか、国家間で結ばれた条約というのは、どういうものなのか? という理解が全く無いまま、議論をしようと言うのは、あまりにも乱暴なのではないだろうか。

 国家間の条約と言うのは、あくまでも紳士協定の域を出ないものだと、私は解釈している。
 つまり、両者が、条約をお互いに守るだろうと信じあうことでしか、条約の効力は発効しない、実際にはもろいもなのだろうということ。
 日本が、ポツダム宣言を受諾し、サンフランシスコ講和条約(サンフランシスコ平和条約とも言う)に調印したこと、無条件降伏を受け入れたことを全てチャラにして、原爆に関する求債権について論じたいのであれば、それは日米安保にも繋がる大事のはずなんだが、そういう認識が無い。

 これが、単に街の居酒屋で飲んだくれが騒いでいるだけなら、それはそれでアリだと思うけど、テレビという公共の電波を使って、こんなデンパなことを言われても迷惑だ。
 自分たちが何に立脚し、何に守られて生きてきたのか、もうちょっと勉強してくれ。

 不愉快極まりないけど、この怒りはどこにむければ良いのか(笑)。
posted by あずまっち at 22:09| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大田さんは常々日米同盟を破棄すべきだって主張してる人ですから。
基本的に自覚のない自殺願望もあるしな〜
他の人を巻き込まないで欲しいと祈ります。
Posted by トール at 2007年08月10日 22:42
居酒屋で飲んだくれてる気分で観る人向けの番組だろ?
大田光は、政治のことを話さなければ面白いこともある。
北野武になりたくてなれてないような人だという印象かなぁ〜。

漫才やってる頃の爆笑問題は面白かったよ。
Posted by SouRin at 2007年08月11日 02:16
>トールさん

なんかね。
まず勉強して欲しいわけです。
飲み屋で管巻いて、どーこー言う権利は日本でなら誰にでも有ります。
でも、マス・メディアを利用して、お金を貰って自分の意見を公共電波に載せるわけでしょ? 不勉強のまま発言して欲しくないわけですよ。

>SouRinさん

> 北野武になりたくてなれてないような人だという印象かなぁ〜。

笑った。
北野武にも、松本人志にもなれず、結局中途半端なんだよね。
Posted by あずま at 2007年08月11日 12:24
 私にはこの問題自体を語る資格がない(別に指摘されたからそう思ったのではなく、昔から不勉強な人間には発言する権利はあっても資格能力がないと思っていた)ので、問題自体には切り込みません、が。

 「この怒りはどこにむければ良いのか」については、簡単なことだと思いますよ。まあまずはこうやってネット上に何らかの形で書いていくのがひとつ。もうひとつはテレビ局に抗議すりゃいいじゃないですか。

 「今さらテレビに怒るなんて愚直すぎるけど……」というニュアンスも感じられましたが、だとすればその愚直さをあえて堅持するのが正攻法かなと思います。説得力のある愚直さは、案外世の中を動かしますよ。
Posted by Yosh at 2007年08月11日 19:11
大田光。間違いなくバカです、 

このバカをメインに番組を制作している放送屋、、番組スポンサー、常識が無いのか。

 当番組スポンサーの商品は、一切買わないようにしましょう。

それを見ている視聴者、バカが移らない様、気をつけましょう。

オオタバカウィールスの消毒を忘れずに実行しましょう。テレビのスイッチをきりましょう。
Posted by bbだん at 2012年09月13日 16:50
太田ひかるってのは、単なる勘違い人間です。
自分がよほどの者だと思っているようですが、マスマディアの
中で肩ひじ張ってるだけの馬鹿ものです。
聞くに値しません。

以上
Posted by やみすけ at 2013年08月18日 19:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50961453
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

[diary]昨日の太田総理
Excerpt: W54Tでワンセグ見られるようになったので無意味に見てた*1。 have a nap: 太田光は無知なのか馬鹿なのか えーと、無知で馬鹿ってことでいいんじゃないかと。馬鹿が自分の無知に気付かずにああ..
Weblog: Gururiの日記
Tracked: 2007-08-11 13:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。