2014年10月09日

新型C Classワゴンを見てきた

 半年ぶりのご無沙汰です。
 書きたいことは一杯有ったんですが、なんだかそのままになっていました。
 TRPGも遊んでいない、Guitarも満足に弾けていない、草野球もたいして参加していない、カープファンとしてもそんなに活動していない。
 ないないないのないない尽くしなもんで、Blogも放置になっていました。

 実際には、日々の生活も含め、何かに追いまくられているような気分ですが、それでもこのBlogをたまに巡回してくださるかたがいらっしゃるようなので、大変ありがたいなぁと思っています。
 ここに感謝するとともに、もっと有益な時間つぶしが有るんじゃないかと心配しちゃったり(^^;






 さて、表題の件ですが。
 10月2日に、メルセデス・ベンツの新型C classのステーションワゴンが発表になりました。型式はS205ですね。ちなみにセダンがW205です。
メルセデスベンツC CLASS SW公式サイト

 セダンに倣って全幅を広げたことで1800mmを超え、1810mmとなりましたが、それでもここ最近のE Classや5シリーズが1850mm程度ということを考えると、日本の環境にはフィットしているんではないかと思います。今更、1800mm以下に回帰する理由もあまりないですしね。

 元々、メルセデスのCクラスは、小ベンツと揶揄された190シリーズを生い立ちとしていて、EクラスやSクラスに乗っている人たちからは、そのステータスが欲しいから買ったんだろうけど、しょせん小ベンツだしなぁと言われていた小型セダンでした。
 それが、2代目のひょうたんライト以降、徐々に日本国内でも売れ行きを伸ばし、更にAやBといった下のカテゴリをメルセデスが強化したこともあって、今や日本市場では中堅どころどころか売れ筋になっている状況です。
 ホント、街中にいっぱい走っていますよね。
 個人的にも、いつかはクラウンじゃないけど、メルセデスオーナーになってみたいなぁという考えはあります。

 んでまぁ、その考えを実行に移すわけじゃないですけど、新型発表になったし、ちょっくらディーラーに寄ってみるかなと思いまして、近所のメルセデスディーラーに行ってきました。
 初めて乗り付けるメルセデスは、サングラスにパンチパーマ、金のネックレスじゃらじゃらのおじさんに、「ここはガキの来るところじゃねぇんだ」と追い返されるかと思いましたが、そんなことも無く(当たり前だ)普通に相手をしてもらいました。
 欲しかったパンフレットも頂き、以前もらっていたE Classのパンフレットと並べてパチリ。

 c-class.JPG
 パンフレットもらいました

 そして、「今日届いた実車、見ます? 」とのお話。
 お昼に届いたばっかりの新型ですよ! すげーと思いつつ駐車場に向かうと、そこにはシートにビニールが掛かったままの新型ががが。
 置いてあったのは、C 200 STATIONWAGON AVANTGARDEというグレードで、メーカー希望小売価格(消費税込み)¥5,590,000という超高級車。ああ、いつかはメルセデスだよなぁ。買えないけどと思いながら、中を見せてもらいました。
 まず、内装が豪華! ドアトリムのパネルの使い方やシートの質感も凄く素敵。ナビゲーションの画面が飛び出している感じがしましたが、塗装も含めて高級感が溢れていました。
 外装はデザインの話になりますが、前後が絞り込まれた感じで、大きくなったと聞いたのに、見た目はしゅっとしてて、とてもスマートに見えました。うちのぽちと並べると、さすがにぽちのデザインは一昔前だなぁと感じるくらい。
 あまりガソリンが入っていないので、まだ試乗できなくてすみませんと言われましたが、こちらこそ買えないのにジロジロ観ちゃってごめんなさい(^^;

 残念なのは、今のメルセデスはほとんどがAMG顔というか、スリーポインテッドスターと言われるマスコットがグリルの中に入っている顔なんですよね。精悍と言う評価も有りますが、個人的には子供っぽいので好きではなくて、今までと同じマスコットを立てて欲しいと思います(エクスクルーシブ顔というらしい)。
 ただ、ディーラーの営業さんに教わったのですが、衝突安全性の部分で、対人事故の際に人が傷つくため、今はボンネットの上にマスコットを立ててはいけないんだとか。ジャガーもロールスロイスも徐々に無くなっているそうです。
 人の命には代えられないですから、そこはそこで仕方ないんだとは思いますが、なんだか残念です。

 つーわけで、Cクラスすげぇ! と思ったんです。
 思ったんですけど。いや、お金ないから買えないっちゃ買えないんですけど。
 せっかくのステーションワゴン、後ろの荷室を開けてみたら、かなり狭いのね。
 もちろん、旧型に比べたりしたら広くなったんだと思うんですよ。荷室の内貼りとかも綺麗だし素敵だと思ったんですよ。
 でも、いまのぽち(BMW 5シリーズ)や、後で見せてもらったE Classのステーションワゴンの荷室に比べると、思わず「ちっちゃ! 」と叫んでしまうくらい、ちっちゃい。3シリーズツーリングやA4アバントの荷室も狭いと思ったけど、同じくらいかな。

 次期Eクラスがどうなるのかとか、新しく発表になったSUBARUのOUTBACKがどうかなとか、ちょっとそっちに興味が移りました。
http://www.subaru.jp/legacy/outback/index.html
 レクサスのNXが、燃費や大きさで期待外れだったし、価格面でブランド守りたいからと微妙な位置関係を持ってきたので、ああやっぱりレクサスオーナーってそんな感じだよなと偏見を強化したりしましたが、魅力ある新車がいっぱい発表になって嬉しいです。
 次期BMW X1は、FFになることが予想されているので却下なんですが、様子を見ていると5シリーズももうすぐモデルチェンジを迎えるかもしれず、車が大好きな私にはとても嬉しい状況です。

 とはいえ、買えないんですけどね。
posted by あずまっち at 16:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/406824462
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。