2014年04月19日

ぽよ、車検。2014


 消費税の税率が上がって約20日。皆様いかがおすごしでしょうか?
 我が家は、近所においしくて安い惣菜店を発掘したり、相方さんが家庭で食事を作ってくれるのもあって、そんなに大きな影響は出ていません。

 嘘です。
 本を買わなくなりました(先月は合計 8,000円くらい、今月はまだ 2,000円くらいです)。
 TRPG を買っていません(ここ3年ほど)。
 プロ野球観戦にも行かなくなりました(ここ4年ほど)。
 飲み歩くのもやっていません(ここ4年ほど)。
 ほら、消費税率 UP の影響ですよ < ヲイ

 それはともかく、生活防衛しないとやっていけないですから、娘も巻き込んで、家族全員でしっかりと財布のひもを締めて頑張りたいと思います。

 あ、でもプリキュアグッズは別ね? > 相方さん

 自分たちの老後も有りますから、貯金もしっかりと。

 娘の洋服は、つい買っちゃうけど。

 世間ってそんなもの。





 今期のアニメですが、放送開始になったアニメを手あたり次第に録画して、1話を見たところで続けて観る物を決めました。
 とりあえず、『僕らはみんな河合荘』と、『魔法科高校の劣等生』、『蟲師 続章』、『龍ヶ崎七々々の埋蔵金』、『シドニアの騎士』を残しています。おお、なんかメジャーどころだ。
 先日、小説を読みながら思ったのですが、アニメの登場人物をTRPG等で比喩表現で使うのとか、どんどんハードルが上がっているんでしょうね。
 例えば、生意気な青年にビンタをしつつ、「軟弱者! 」とかやっても、セイラさんだと気付かない人が増えていたり。
 例えば、「目をハートにしながら、『ユパ様! 』くらいの勢いで」とか言っても、ナウシカが分からなかったり。
 古典としてのアニメ、教養としてのアニメというジャンルが出来上がってくるんじゃないかと思っています。
 森へ帰る動物に、泣きながら「行けよ! 」と叫んでも、「元ネタなぁに? 」の世界になってしまうんじゃないかと(久米田先生ではありません)。
 ガンダムの新作で、過去のガンダムの登場人物が出てきていたというネタが有りましたが、そもそも視聴者のターゲットとしているのが、玩具を店先でせがむ小学生なのか、購買力のある大人なのか、そこらへんの扱いも有りますしね。
 セーラームーンとか、モチーフにした女性用下着の広告が有りましたけど、購買層よりちょっと上の年齢の人たちが、小さい頃夢中になってみていた世代なんじゃないかと思います。
 パチンコに版権売って、購買力のある層にアピールする戦略とか、『花の慶次』や『エヴァンゲリオン』はその類でしょうけど、それで良いのかなぁ。

 閑話休題。

 スバルから、新型アウトバックの米国仕様の発表が有りましたね。
 佇まいから、なんか非常に格好良いというか、凛とした雰囲気を感じています。実車を見ると違うのかな(^^;
 今年から来年にかけて、 SUV やクロスオーバーの新型車が発表されていくと思いますが、ぜひとも日本の道路事情に合った車を、日本メーカーは出して欲しいと思います。
 個人的には、 NISSAN に SKYLINE CROSSOVER の新型で頑張って欲しいです。新型ムラーノは、結構スタイルは良いなぁと思うのですが、アレって FF ですよね。
 もはや、全幅 1,800mm 以内というのは難しいのかもしれませんが、平気で 1,900mm 近いのを出してこられると、うーん、どうなんだろう? と思います。

 車の話でもう一つ。
 先日、社用車で淡路町から秋葉原の裏を抜ける道を走っていて、巻き込まれ事故で死ぬかと思いました。
 片側 2 車線の右側を走っていて、見通す限り前方に車がいないし、信号も青だったし、後続車もいないので、制限時速くらいでゆっくり走るかなーと思っていたら、左レーンを走っていたトヨタのオレンジ色のアクアが、信号を越えたところで、ひょいっと右レーンに入ってきました。
 方向指示器の点灯も無し。
 まるっきり、私の車がいない気分で走ってる感じで。
 こちらは、トヨタのハイエースですから、隣を走っていて気付かない大きさじゃないと思うんですよね。急ブレーキを踏んで、後続車が無かったから良かったものの、数センチでぶつからずに済んだという結果でした。
 もう、怖くて怖くて。こちらが全く落ち度が無くても、前方どころか周囲に全く注意を払わずに、事故に巻き込んでくる車が走っていることが、何より怖い。秋葉原のジョナサンで曲がっていくのを覗き込んだら、中年女性の運転でした。「女性だから」とは言いたくありませんが、ああいう人が評価を落としているんだろうなーと思いました。
 私自身も、以前より反射速度等は落ちていると思うので、安全に運転したいし、「周囲に気を配らないと」と思っています。でも、貰い事故はどうしょうもないもんなぁ。
 アレ、ぶつかったら、きっとこちらも動いていたからと言って、10:0にはならなんですよね。良くて7:3とかで、責任を取らされる。バカバカしいし、やってられないですよ。

 さて、我が家のぽよこと、 BMW E61 525i Touring 2007 年式ですが、この 4 月末にめでたく 7 年目 3 回目の車検を迎えました。
 日本では、新車登録から 3 年、その後は2年ごとの車検が義務付けられていますから、こればっかりは逃げようが有りません。更に、 13 年目をすぎると諸々の値段が上がってくるという、まさに自動車メーカーの陰謀としか思えない価格設定。
 ということで、タイヤを替えたばかりのぽよは、一体どれくらい費用が掛かるのかと戦々恐々でした。

 もし、車検費用が 100 万円超えるようだったら、買い替えも考えないとなぁ(ぽわわ
 その時には、うっかりハンコ押しちゃったと言い切って、メルセデスの E クラスとかどうだろう? (目を見開いて)

 怖いから、やらないですけどね(だれがとは言わない)。

 車屋さんに持ち込んで、気になるところの話をして、いざ点検整備をやってもらったところ、費用としては合計 13 万円ちょっとでした。

 自賠責保険料 27,840円
 重量税 32,800円
 印紙代 1,800円
 法定諸費用 62,440円

 基本点検費用 24,000円
 (ブレーキ装置、エンジン、排出ガス浄化装置、サスペンション、電気装置、灯火装置の各部分解・整備・調整・走行テスト)
 保安確認検査料金(検査機器、完成検査) 8,000円
 車検代行費用 9,000円
 エンジンオイル交換(WAKO'S EX-CS 5W40) 6.5リットル 6,500円
 オイルエレメント 2,260円
 前後ワイパーブレード交換 9,600円
 リヤワイパーゴム交換 700円
 ブレーキオイル交換 6,000円
 などなど

 消費税率が 5% → 8% になっているのを忘れて、最初5%で計算したら金額が合わなくて慌てました(^^;

 タイヤは新品なので、まだ山も前後左右 8mm 残っています。
 ブレーキパッドも前回交換していますので、フロントが 12mm、リアが 10mm と十分に残っています。

 現在の走行距離は 34,160km 。購入時より 2 年で 8,000km 走った感じで、これからもぽよにはぜひ頑張って欲しいと思っています。
 型式ABA-NL-25は、その後特にリコールも無いようですので、車検も通したし、しばらく楽しむことにします。

 交換したタイヤですが、PIRELLI Cinturato P7 Runflat 225/50R17 94H のレビューを少しだけ。
 交換してから約 200km 、当初はそこまでの違いを感じていなかったのですが、ここ最近、少しこなれてきたのか、足がしっとりとしてきたような気がします。気のせいなのかもしれませんが、気がします。勘違いかもしれませんが、そういう気分だということでヒトツ。
 段差を乗り越える時など、はっきりとした段差であれば、今までと同じようなランフラットタイヤの硬さを感じるのですが、少しうねるような段差や道だと、ハンドルに伝わってくる感触が柔らかい気がします。わだちにとられにくくなったと言えば、もうちょっと分かりやすいでしょうか?

 ただ、仕事で乗っている車が、ランフラットではないタイヤですので、乗り心地から言えば、やっぱりランフラットは硬いですよね。安全性ということからは、変えられない物を手に入れているとは思いますが、もうちょっと改良されていくことを望んでいます。

 なにより、安全運転で。

 皆様もお気を付けください。
posted by あずまっち at 04:05| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/395048669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。