2012年05月23日

CクラスステーションワゴンAMGパッケージに乗った


 どんだけ車が好きなんだ、と言われてしまいそうですが。
 車、大好きですよ。機械全般が好きなんでしょうねー。旧時代の人間であるという自覚も有ります。

 最近は、TRPGはとんとご無沙汰でして、せいぜい月に一回くらい草野球に混ぜてもらい、お休みの日の昼間に時間が取れたらGuitarを弾く程度の日々です。
 そんな私にとって、家族でお出かけというタイミングを利用して楽しめるのは、車という趣味になってきて、これがまたお金が掛かる趣味ですから、もう楽しくてしょうがない(<ヲイ)。
 BMW 525i Touringという、一応BMWのTouringの中では上のほうのモデルを楽しんでいる状況ですから、あまり浮気はできないんですけどね。

 そんな私が、メルセデスのCクラスステーションワゴンを運転する機会をもらいました。上役の車ですが、免停一歩手前ということで、私がステアリングを握らされたというのが真実だったりしますけど(笑)。



 エンジンダウンサイジングの話題も。
 新型X3にエントリーモデルが発売になっていますが、他のモデルでもエンジンのダウンサイジングが進んでいます。これはやっぱり、環境性能が注目されている中、昔のように大排気量でガソリンをバカバカ食う車は、市場から退場させられていくというシグナルなんでしょうね。

 BMW、X3に新エンジンを採用 〜 carview
 http://www.carview.co.jp/news/1/166161/

 そんな中で、BMWは、次期M3については直列6気筒を再び採用するようです。

 BMW M3次期型、V8から直6へ回帰か 〜 carview
 http://www.carview.co.jp/news/2/166197/

 まぁ、まだ「採用する”かも”」な世界ですが、それにしたって、FIATのツインエアを見ても、今は環境というキーワードを無視した車作りはできないんだなぁと思います。てか、NAじゃなくてターボを付けるんだねーという、ちょっと懐かしい雰囲気もする馬力アップ方法ですが。
 正直そこまで馬力が要ります? という疑問は有りますけど。

 ところで、Carviewも含めてtwitter全盛期ですね。私はやっていないんですが、つぶやくことがそんなに人生で多くないと思うし、そもそもそんなに頻繁につぶやく環境にいないと思うし。
 いまだに、「なう」とかつぶやいている人はいるんですか? ちょっと情勢に疎くて済みません。

 時代について行くという意味では、そろそろタブレット型端末やスマートフォンに対してなんらかアクションを起こすかなーと思っています。
 ガラケーと呼ばれ、さげすまれ、今や新機種はほとんど出てこない携帯電話市場ですが、通話メインで行動している私にとっては、あんまりスマートフォンって使い道が無いよなぁと考えています。
 ただ、時代に取り残されるのはマズイと感じている37歳。だったら何かスマートフォンを購入して、一通り使い方くらいは覚えていても良いかなーなんて考えて、ネットも含めて情報収集をしていたんですががが。

 ガラケーの方が、使いやすくね?

 いかん、根本的な疑問を(笑)。
 今のところ、次に発売になるiPhoneか、iPad、Amazonの新型キンドルあたりを考えています。キンドルはスマホちゃうやん、と考えたのですが、電子書籍に興味が有るのは変わらないんですよ。
 いやいや、ナウなヤングでトレンデェなオサレのオレでいるのは大変だなぁ(棒読み)。

 Cクラスの話題。

 BMWがツーリング、Audiがアバント、メルセデスがステーションワゴンと、名前は色々ですが、基本的にはレガシィ・ツーリングワゴンと同じ、ワゴン車です。
 個人的には、国産車にもっと頑張ってほしくて、昔みたいに、トヨタからクラウンのワゴンとか、日産からスカイラインのワゴンとか、発売になって欲しいなぁと思っています。
 あの、車の脇がウッドパネルになってる奴。いまだに街中で見かけていて、結構好きなんですよね。

 我が家の場合、酔いやすいとか、夫婦ともに腰痛持ちとか、色んな条件が重なって、FRのワゴン車を探した結果、今のぽよ(BMW '07 E61 525i Touring)になっています。選択肢の中で、当然メルセデスについても検討していて、個人的には先代のCクラスワゴンにも乗りました。
 ただ、もうめぐり合わせというか、縁が有って今のぽよに出会い、楽しく乗っているわけですから、特に今すぐ乗り換えるつもりは有りません。

 さて、前車が先代のCクラスワゴン、今の車もCクラスワゴンの上司ですが、本当は四駆のでかい奴とか大好きなんだけどねーと言いつつ、仕事で乗る車として選んでいます。取り回しも良いし、荷物も乗るしということで、Cクラスワゴンなんだとか。
 駐車違反とか、スピード違反とか、一時停止違反とかが積み重なって、免停一歩手前の上司。仕事で移動する際に、「あずまくん、運転してよ」と言われてキーを渡されました。

 えーと、納車してからまだ一年経ってないですよね、コレ。

 ドキドキしながら乗り込むと、ぽよよりもヒップポイントが低くて、でも腰が沈みこまないところがとっても楽ちんです。
 乗せてもらったのは、AMGパッケージ仕様で、ブレーキなどが違うそうですが、いかつい顔つきに似合わず、乗った雰囲気はジェントル。いや、メルセデスって格好良いなぁ。

 「本国では、Eクラスはタクシー、5シリーズはパトカー」と言う人がいます。それはそれで事実ですが、そんなん言ったら、日本だってタクシーはクラウンだし、パトカーだってクラウンです(笑)。
 もっと頑張れ、日産。
 アレ? 違った。

 ステアリングを握ると、目の前に広がるのは、やたらカラフルなメーター類です。以前と違って、カラー液晶なんて使っちゃって、スピード表示がおろそかになりそうです。
 キーレスエントリーで乗り込んで、キーレスでエンジンを掛けて、ゆっくりと走り出しますが、そこはやっぱりメルセデス。反応が非常に穏やかで、ステアリングを切っても過敏に切れて行ったりはしません。最近、ぽよのアクティブステアリングに食傷気味なので、このステアリングの感覚がとっても嬉しいです。
 てか、アクティブステアリングじゃないと面倒がる人って、どういう人なんだろう?

 段差のいなし、上り坂での加速、ゆったりとした乗り心地など、ドイツ車らしさが醸し出されます。全幅はE61より5cm以上狭いのに、社内の広さはほとんど同じに思えます。
 ただ、滑るような乗り心地には、今一歩届かないあたりは、何かが違うのかもしれません。あと、AMGパッケージなので、もしかしたら足回りも固めにしているのかも。
 それにしても、絶品だったのはブレーキを踏んだ時の感覚です。この止まり具合、この減速に伴う足へのレスポンスは、初めてぽち(BMW '01 E46 320i)を超える感激でした。いやー、良いなぁ。

 日本の自動車メーカーが、それこそ全社を挙げて本気で作れば、クラウンやフーガの派生車種として、オープンやワゴンも普通に作れると思うんですよね。それで、こういうドイツ車やスウェーデン車(Volvoとか)が喰っている市場を、もう一度取り戻そうとすれば良いのにと思うんですが、何が問題なんでしょうね。
 わざわざ、それ専用に作らなくてもなぁ。

 あれか、ステップワゴンに代表される、ミニバン至上主義がはびこっているからでしょうか。
 確かに、家族持ちとしてミニバンは使いやすそうだなぁと思います。背の高さは、そのまま荷物を積み込む時に楽だし、中で子供が着替えると言っても便利だし、車の中で三列目から二列目へ移動とかもできちゃうし。
 でも、そればっかりになっていて、もっと売れるであろう市場を捨てているように見えるんですよね。

 勿体ないと思うんだがなぁ。じゅんを。

 是非、今のスカイラインとかで、ワゴンタイプを希望(笑)。

posted by あずまっち at 02:21| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。