2011年04月04日

計画停電に関する一提案

 まずは、被災地のみなさんにお見舞いを申し上げると共に、日本がこれからもう一度復興するために、私自身も微力ながら頑張りたいと表明します。

 今回の地震で、日本は「戦後」が終わったと感じています。これからは、「311」以前と以後で、また新しい社会が始まると思っていますし、始まると良いなと感じています。
 どうも、何らかの大きな要因が無いと、日本と言うのはパラダイム・シフトができない、苦手な国ということも感じています。ですが、これをきっかけにして、不幸を乗り越えることで新しい日本を作っていこうじゃないですか。
 そう捉えられる人と、そうじゃない人の間では、大きな格差が生まれていくんじゃないでしょうか。

 さて、4月いっぱいと言われている、東京電力管内での計画停電ですが、急な話とはいえ、節電への協力などで、現時点では順調に進んでいると観て良いのではないでしょうか。

 以下、今回の計画停電を踏まえ、夏の計画停電に対する一提案を述べたいと思います。
 この提案については、民主党議員へのメールなども行い、本格的に提案をしています。





 まず、今回の計画停電で問題になったことを列挙しましょう。

1.計画停電エリアに、一部被災地が入った(その後、エリア外へ改善)。
2.公共交通機関が、マヒした(鉄道各社の自粛により、混乱した。現在は改善)。
3.医療機関に影響が出た(改善の見込み無。夏は酷くなる? )。
4.企業の経済活動に影響が出た(生産ラインが止まる等で、物資の欠乏を招いた? 改善の見込み無)。
5.その他インフラに影響が出た(信号がダメ、清掃工場がダメ等。改善の見込み無)。
6.一般市民への影響が出た(改善の見込み無)。

 大雑把ですが、問題点を6点に集約してみました。こうやって振り返ってみると、既に日本人の生活において、電気は無くてはならない物になっており、影響は大きいと言わざるを得ません。今後の日本人の生活は、「311」以前と同じではないということも念頭に置いて、新しいライフスタイルを模索していかないといけないのではないでしょうか。
 たとえば、従来のように、家族が個々人の部屋を持ち、各部屋でテレビとエアコンを独占するなど、非効率な電気使用は、もうやめようじゃないか、等です。

 さて、最初に挙げた6つの問題点ですが、既に改善されたのは、1と2です。
 残りのうち、3~4は、実は密接な関わり合いが有ると考えますので、以下の提案で回避できないかと考えます。

 夏は、23区も計画停電のエリアに入れて、以下の形で停電を行ってはどうでしょうか?

 ○除外される物
  ・電車、入院施設の有る病院、警察、消防、浄水場、ガス、電気などの公的インフラ設備

 ○計画停電のやり方
  ・月ごと、曜日ごとに計画停電を行う。
  ・7月の月曜日は、江戸川・葛飾・足立
   7月の火曜日は、墨田・荒川・台東
   7月の水曜日は、練馬・板橋・北
   7月の木曜日は、文京・豊島・新宿
   7月の金曜日は、杉並・中野・世田谷
   7月の土曜日は、太田・目黒・品川
   7月の日曜日は、渋谷・港・江東
   千代田区と中央区が抜けてますが、これは官公庁も有るからしょうがないでしょう。
   8月になったら、曜日を一個ずつ前にずらす。
   7月火曜日だった停電区域は、8月は月曜日になる、という塩梅です。
   これで、月替わりに週2回停電が起こる区域は防げるはずです。

   そして、電力が足りてようが足りてなかろうが、停電区域は、朝7時~夜8時まで停電を行う。

   このメリットの一番大きなところは、経済活動に影響が少ない点です。
   営業所が区をまたがっているところまでは、さすがにカバーできませんが、やるかやらないかわからないまま、生産ラインがストップしたりすることは無いし、停電以外の週6日は、安心してラインを動かせます。
   また、今回の震災で大きな問題となった、医療機関ですが、入院施設を抱えている病院は停電除外とすることで、例えば透析など、長時間治療に電力が必要で、かつベッドで治療を受ける必要が有る患者などが、影響を受けずに済みます。

   暑くて家庭に居られない等の問題は、老人であれば通所ホームなどで23区の横の受け入れを強化する、子供であれば、親と一緒にどこかへ出かけて消費するなどで、回避できる問題でしょう。

 6については、これは停電が一切無くならない限り、改善されることはあり得ません。
 ただし、できることが有ります。

 我が家でもそうですが、電力会社との契約の際、Aで契約をしています。我が家の契約A数は、50Aです。
 つまり、上限として50A使えますよーという契約ですが、これを日本中で一斉に切り下げをするということです。
 最低ラインを20A、上限を40Aにして、全家庭の契約アンペアを10Aずつ落とすということで、無駄な電力消費は無くなるでしょうし、総消費電力を落とすことも可能です。

 これが、毎日停電が有るかどうかわからず、しかも今日は朝と夕方、明日は昼などと、毎日時間がずれて停電が有るようでは、一般家庭はどうにもなりません。
 しかしながら、週に一度だけ朝から晩までとわかっていれば、それに対応するすべは、今の日本にはいくらでも有ります。

 とにかく、東京電力管内で生活し、経済活動を営んでいる以上、みんなが勝手なことを言い出しては、何も解決しないばかりか、状況を悪化させるだけです。
 社会全体で、この電力不足を乗り越えるんだ、という思い。そのためのリーダーシップを政治に求めて行きたいと考えます。

 ほら、社会派(笑)。
posted by あずまっち at 07:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。