2009年12月26日

クリスマスの約束2009


 今年もクリスマスの季節が終わりましたね。
 いったい、世界中のどれだけの人たちが、クリスマスの夜を幸せに過ごせたのでしょうか。
 世界には、イスラム教徒も仏教徒もいますけど(笑)。

 個人的には、ネロとパトラッシュの命日だということも、忘れないでいて欲しいのですが(^^;

 さて、今年もやってきました、小田和正のやりたい放題、『クリスマスの約束』。
 ちなみに、さださんのやりたい放題は、現在月に一回くらいのペースで、NHKで遊んでます(爆)。





 相変わらず、自分が何をやりたいかのプレゼンが下手な小田和正ですが、今年は更に意味不明。迷走っぷりにプロデューサーも半べそです。
 メインに据えたのは、大勢のアーティストと共に、それぞれの持ち歌をメドレー形式にした合唱。どこからどうみても文化祭のノリというか、こんなネタを見るために大勢の観客が集まったわけじゃないだろうにと同情を禁じえません。
 あ、みんな小田信者だから、別にいいのか。

 山本潤子や財津和夫あたりは、まぁ同世代だしわかりやすいかなーとか、一発屋さんが大勢出てるのはご愛敬ですか。さださんは、以前出てたなぁ。あのあとどうなったんだろう。

 曲名は、22'50''。
 この日のこと/小田 和正(クリ約のテーマ曲)
 TRUE LOVE/藤井 フミヤ
 今夜だけきっと/STARDUST REVUE
 ロマンスの神様/広瀬 香美
 明日がくるなら/JUJU
 明日、春が来たら/松 たか子
 友達の詩/中村 中
 LaLaLa/佐藤 竹善
 恋におちたら/Crystal Kay
 Story/AI
 夢で逢えたら/鈴木 雅之
 ハナミズキ/一青 窈
 翼をください/山本 潤子
 HOME/清水 翔太
 YES-YES-YES/小田 和正
 LIFE/キマグレン
 虹/Aqua Timez
 全力少年/スキマスイッチ
 Jupiter/平原 綾香
 涙そうそう/夏川 りみ
 青春の影/財津 和夫
 帰りたくなったよ/いきものがかり

 それにしても、小田和正は、いきものがかりと松たか子が好きだねぇ(^^;
 小田和正の曲は好きだけど、人間としては尊敬できない人だから、悪い影響を受けなければいいけど(笑)。財津和夫は、前から何度か参加しているし、佐藤竹善ってSing Like Talkingの人だよね? この人も前に参加しているはず。
 山本潤子をテレビで久しぶりに観て、ああ懐かしいなぁと思ったけど、みんな知らないのかな? 赤い鳥のヴォーカリストで、Hi-Fi Setやってた人なんだけどな。

 なぜ売れたのか、私にはさっぱり分らないのは、JUJU。そして、親の七光でさだまさしに可愛がられ、小田和正にもコネの有る平原綾香。
 一発屋って、大変だよね。
 つーか、もう今更Jupiterでも無いでしょ、いつまでホルストの曲の良さに頼ってるの? 自分の楽曲としては全く駄目だし。

 イメージとしては、小田和正本人は否定しそうだけど、マイケル・ジャクソンの『We are the World』をやりたかったのかなー。
 マイケルの時は、個々のアーティストの個性が見事に出ていたけど、今回の合唱団は、映像なしで音源だけだったら、何がおもしろいのかさっぱりな物になってそう。そういう意味では、非常にテレビ的な、テレビでこそできる番組だったのかもしれない。

 それでも、気まぐれに良い人が出るかもしれない(今年だったら、財津和夫や中村中とか)ので、チェックせざるを得ないクリ約(笑)。


posted by あずまっち at 13:14| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何ともあれだけ感動的な番組見ていながら貧相な感想しかもてないとは悲しいかぎりです。
Posted by 黒須 直次 at 2009年12月28日 17:18
ここまで書いておいて歌そのものに関しては一言も言及してないと言うのが逆に面白い。
きっとミュートでディスプレイだけ覗いていたのでしょう。
Posted by 父より at 2009年12月31日 10:12
年明けしょっぱなから、こんなことを書きたくはないんですけどね。
批判OKということは、誤解を生んでいる表現などについては、返事をしないといけないってことなんでしょうし。

>黒須さん

コメントありがとうございます。
「感動的な番組を作ろう」と頑張った、テレビ局の人達が救われるコメントですね。
私は、テレビ局の人達にとっては、良い視聴者じゃないんでしょう。

>父よりさん

コメントありがとうございます。
ディスプレイを覗く趣味は有りませんが、おもしろがって頂いてありがとうございます。
歌その物は、既に発表されて日が経ってる物ばかりでしたし、そんな主観的なお話を聞きたいのでしょうか?
Posted by あずま at 2010年01月02日 16:53
音楽或は歌そのものを楽しむことができない。イチャモンのオンパレード。あなたに、どれだけの人間を感動させる力があるのか?あなたが一発屋と呼ぶアーティストより社会の中でその存在を認知されているとは思えない。
Posted by アニメの見すぎだな at 2010年01月15日 08:28
>アニメの見すぎだなさん

すぐにアニメに結びつける、その発想の貧困さに戸惑ってしまいますが。
私が一発屋と呼んだ人たちの中にアーティストがいたかどうかは分かりませんが、彼らとは世の中で担っている役割が違います。
違う物差しを比べようとするのは、良いことだとは思いませんよ。
Posted by あずま at 2010年01月15日 10:15
社会の中における役割とは誰かに与えられたものではない。資本主義社会においては職業の選択は自由であり、個人の能力に応じて自身で仕事を選択しているはず。その仕事に対する他人の評価が『給料』。つまり、給料をたくさんもらっている=他人(社会)からその仕事が評価(認知)されている。或は評価(認知度)が高いと言うこと。役割が違う、物差しが違うなんて逃げは能力のない負け犬のセリフ=イチャモンにしか思えない。
Posted by 我々は物差しではない。人間である。 at 2010年01月15日 23:52
ねーねーあずまたんどうしちゃったの?
早く返事してあげなよ、かわいそーじゃんwwwww
それともズバっと本当のこといわれて、返事できないの?かわいそうねーwwwww
しょうがないよね、ニートで脳内嫁しかいないあずまたんは、お友達いっぱいの小田和正に嫉妬してるんだもんね。
ねーねー去年の収入は?0?ニートでヒッキーだから、お偉いさんが「収入が多い方が勝ち」って言ったらなにも言い返せないんだよねwwww
いいかげん、他人の車を自分の車って言い張ったり、審査通らないくせに住宅ローン持ってるみたいな言い方やめたほうが、楽になるんじゃないwwwwww
Posted by 名無し at 2010年01月30日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。