2008年11月12日

SW2.0セッションレポート20081109

 TRPGを遊ぶ機会が減って、最近ちゃんと遊んでいない気がします。それもこれも、他人様から誘われるのを待ってしまい、自分から「遊びたい! 」とアッピールしてこなかったのが悪かったんだろうと反省しています。

 遊ぶぞ! <強い決意を示したふり







 さて、巷で話題をさらっているSW2.0を遊びました。

 きっかけは、mixiでマイミクのゆうきさんが、50,000番目のあしあとを、私のところに残してくれたことでした。機会を作ってくれてありがとうございます。

 自宅に知人友人を呼んで、いざセッション。GMは私、PLはかおるさん、坂井沢さん、逆立ちくらげさん、てらださん、ゆうきさんの5名。SW2.0はPLで1回遊び、GMは今回が初めてです。勿論、PLの皆さん相手には、そんなことはおくびにも出しません。

 PLの中で一緒に遊ぶのが初めてなのは、坂井沢さんとゆうきさんのお二人。逆立ちくらげさんとは3回目、てらださんとかおるさんとは何回目なのか不明です(^^;

 今回は、用意したシナリオを先に、実際に遊んだ時の設定を後に記載します。それを見比べて、私がどのように調整しているかをご覧頂くのも、ちょっとした趣向として良いのではないかと思っています。

 なお、レギュレーション(プレイヤーに渡した情報)は、以下の通りです。

 キャラクター作成は、当日行います。作成ルールは、通常作成ルールを使用します。
 通常作成ルールで作成したキャラクターを、経験点2,500点分成長させてセッションを行います。
 禁止種族などは有りませんので、ルールブックを見て遊びたい種族・技能を考えておいてください。
 初期段階での所持金は1,200ですが、+1,500分買い物ができます。
 パーティに、必ずスカウトorレンジャーの技能を持つキャラクターを推奨します。
 キャラクターたちは、最初からパーティを組んでいることとします。金銭の貸し借りもOKとします。
 パーティは、花の国フェンディルからスタートします。(遺跡探索シナリオを想定しています)


○用意したシナリオ

 舞台は”花の国”フェンディル王国。
 パーティは、フェンディル王国の宿屋にて、仕事を待っている状況。
 コボルドの使いが、パーティに仕事の依頼を行う。勿論、冒険者の宿経由なので、裏はしっかり取れているという設定。依頼主は、クラウディアという元・冒険者のリルドラケン(名士)で、既に歳を取っていて冒険に出られない。
 クラウディアは、自分の遺産を色々なところに分散させていたが、急な用事でお金が必要になった。
 お宝が隠してある洞窟へ行き、取ってきて貰う。報酬は、宝を換金した際の2割。宝は、少なくとも20,000Gにはなる計算。
 宝は、フェンディル王国の国王が、過去に恋人に出した手紙(今の王妃ではない)。
 ダンジョンは、過去にクラウディアがレッサー・オーガーなどを駆逐した。
 ダンジョン近くの村まで、フェンディルから2日、村から半日。
 ダンジョンの中の、一番左の部屋の奥に隠してあると伝えている。期限は1週間。

 ダンジョンは、入り口からまっすぐ入っていくと、4mの地割れが有る。ここで、跳躍の判定を全員にさせる。失敗すると、落下して2d6ダメージ。
 地割れから少し引き返したところに、奥の部屋への近道が、隠し扉(難易度12)で隠してある。
 跳躍して奥へ進むと、大きな部屋に。ここから、2つの部屋へ通じる道がある。
 左の部屋には、レッサーオーガーが2体と、ゴブリンが2体。
 右の部屋には、ジャイアント・アントが3体。
 どちらも、戦闘が始まって3ターンで、隣の部屋へ移動してくる。
 左の部屋の更に奥、難易度12で隠した部屋がある。
 部屋の床には、木箱に恋文が隠されている。


○実際のセッション

 パーティは、全員家族 or その家の住人という設定でやりたいと、PLからの提案が。そこで、事前設定を基本的にPLに任せ、こちらはそのフレーバーを活かす方向で考える。

 パーティは、次の通り(テーブル順)。
 ドリン(タビット/男/14歳) フェアリーテイマー3/ソーサラー2:ルファとクラウディア家の末っ子:PLてらださん
 エマ(ルーンフォーク/女/10歳) ファイター4/セージ1:クラウディア家のメイド:PLゆうきさん フォース(人間/男/22歳) スカウト4/シューター1/レンジャー1/エンハンサー1:クラウディア家次男:PLかおるさん
 シュトラウス(ナイトメア/男/20歳) グラップラー4/エンハンサー1:クラウディア家お庭番:PL坂井沢さん
 ルファ(エルフ/女/16歳) プリースト4/セージ1:風雷神ル=ロウドを信仰、クラウディア家の末娘:PL逆立ちくらげさん

 家族なので、既に一緒に住んでいる設定で考える。しかも、種族がバラバラなので、ここはヒトツ、変わり者の家主が養子をたくさん貰い受けて、それで栄えている一家という設定で行こうと考える。
 クラウディアという依頼人の名前を、そのまま一家の名前にしてしまい、屈強な人間の女戦士が母親(イメージは『天空の城ラピュタ』に出てくる、親方の奥さん)と、その女戦士について回るドワーフの吟遊詩人が父親という設定を、その場で付け加える。
 依頼は、その両親から子供達へという形で行う。きっと、一緒に旅に出ている年長の兄弟姉妹が死にかけて、母親も大けがを負ったんだよ! とPLから提案が有ったので、そのまま乗る。
 留守番をしている子供達と、その子供達を護っている庭師やメイドに、自分たちの財産を取りに行って貰うという、なんとなくほのぼのお使い物ストーリーに。

 前衛は、明らかにメイドと庭師。しかも、グラップラーが3回攻撃だし、ファイターは14点のダメージを与えても半分以上通らない堅さ。途中で、後衛に向けてジャイアント・アントをけしかけて、少し戦線を混乱させてみたり、乱戦をやってみたりして、ルールを確認することが出来たのが良かったかなと、GMとしては考えている。
 幅跳びも、金属鎧の人以外は問題なく、敵もあっさり倒してしまったので、ちょっと消化不良だったかも知れないけれど、これ以上の戦闘は蛇足になって、かえってまとまらないと判断して終了。

 あ、経験点渡すのを忘れてた。

 今回もそうなんだけれど、TRPGは他人と意思疎通をする遊びの一つなので、一緒に遊ぶメンツというのが、非常に大事だと思い知る。家族の設定なんて、取り入れるかどうかはGM次第だけど、そこを活かしてシナリオを楽しんで貰うには、PLからの協力が欠かせないので、とても助かったし、楽しかったと思う。

 セッション前に昼食ということで、パスタを茹でてみたんだけど、事故発生。乾麺で800g茹でると、茹で上がった麺は何gだったんだろう(^^;
 セッション終了後に飲みに行って、てらださんがみんなのお気に入りだと判明。だって、大福なんだよ!? <謎

 また機会が有ったら、懲りずに遊んでやってください。>ALL


posted by あずまっち at 07:47| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | TRPG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セッション楽しかったのが伝わってきますよ〜
素敵です。

プレイレポートまたたのしみにしております(を)

Posted by 相馬 at 2008年11月13日 08:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109566653
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。